RadioShack の倒産

古き良き、オタクのお店がまたひとつ消えた。

2015年2月5日、米国で有名な量販店チェーンのRadioShack が倒産。米連邦倒産法第11章に基づいて、倒産手続きを始めた。動画は在りし日のクリスマスキャンペーン。

RadioShack といえばラジオや無線、PC など詳しい知識を持った店員が多く、自作や電子工作などを行なうマニアックなファンが多かった記憶がある。しかしモバイルの隆盛以後、この店は携帯電話のアクセサリー店に変わってしまった感がある。電子工作なんてものはもう過去のもの、もしくはネット通販で事足りるようになってしまったのかもしれない。
あのような「好きな人たちが集まって、好きなものについて一所懸命になれる」ストアが消えてしまうのは寂しい気もするが、それが今ではネット上に置き換わっただけなのかもしれない。